[ HOME ]

週刊



天然記念物

動物編

 

2002年6月6日木曜日に小学館より創刊したフィギュア付きウィークリー
ブック。1冊850円。創刊号だけは特別価格の500円でした。
この本を海洋堂のホビーロビーで1冊買うと、1点の点数カードがもらえ、
10点集めると先着3000名様に「白狼」がもらえました。(終了してます)
本に付属するフィギュアは毎週、その号で特集されてる動物が付く。
原型はチョコエッグやチョコQので有名な海洋堂の松村氏。
アニマテイルズシリーズとは一味も二味も違うハイクオリティな造形はさすが
と言わざるを得ない出来で、一部赤字も出たほど凝っています。
肝心の本の方はというと、これがフィギュアに負けてない良い出来なのだ!
読んでて疲れない、程良い文章の量や豊富な資料と写真は、同類の図鑑
や専門書などにもけっして劣っていません。
「海洋堂のフィギュア」だけではないぞ!という編集者の気合いと意気込
みを感じる。
因みに専用バインダーも用意されていて、5つセットの初回版には
もれなく「銀狼」が付いてくる。
他にも創刊号にのみ付いてくる応募ハガキを送ると抽選で1000名様だけ
に「金狼」が当りました。(のちに色々なキャンペーンでかなりの数が出まし
たが・・・)
それから、本には毎号、次回予告としてトレーディングカードが同梱されて
います。
これは日本の天然記念物公式トレーディングカード「わがままな天然列島」
と合わせて遊ぶことが出来、次号で特集される動物がカードになっていまし
た。
全50巻で完結してます。


天然記念物とは?

 日本の自然を記念するものとして、国によって指定された、学術上貴重な
動物、植物、地質、鉱物とそれらを富む天然保護区域を指します。

保護動物の指定 レッドリストとは?

 野生生物が今置かれている状況を調査し、その種が絶滅してしまう危険
度の大きさによってランクづけしたもの。世界の野生動物については、
国際自然保護連合(IUCN)がレッドデータとして発表している。日本では
1991年に環境庁(当時)が「日本の絶滅のおそれのある野生生物」
(日本版レッドデータブック)」を発行した。
1994年、IUCNが新しい評価基準を提案し、それに基づいて環境省は
1995年〜2000年にリストを見直した。
以下が新しい評価基準。
 
■絶滅/EX
 日本ではずでに絶滅したと考えられる種
■野生絶滅/EW
 飼育下でのみ存続している種
■絶滅危惧I類/CR+EN
 絶滅の危機に瀕している種
 
  ●絶滅危惧IA類/CR
   ごく近い将来の絶滅の危険性が極めて高い種
  ●絶滅危惧IB類/EN
   IA類ほどではないが近い将来の絶滅危険性が高い種
■絶滅危惧II類/VU
 絶滅の危険が増大している種
■準絶滅危惧/NT
 現在は絶滅危険度は低いが生息条件の変化によっては
「絶滅危惧」に移る可能性のある種
■情報不足/DD
 評価するだけの情報が不足している種
■絶滅のおそれのある地域個体群/LP
 地域的に孤立している個体群のうち、絶滅の恐れの高い
地域の個体群

バインダーが入ってる箱

 

告知部分ズーム

←バインダー5冊セットの入った箱。
初回限定のみ銀狼フィギュア付きで
3750円(創刊記念特別価格)でした。
限定終了後は7000円になるとのこと。


白狼フィギュア

 

←海洋堂ホビーロビーで天然記念物を
買うと、1冊につき1点の点数カードが 貰え、
それを10点集めると先着3000名様に貰え
た「白狼」フィギュア。
全50巻の中には含まれない貴重なフィギュ
アと言えます。
尚、10冊まとめて買えばその場で貰えたり
しました。

銀狼フィギュア

 

←専用バインダーの5冊セット初回限定版
に付いてくる「銀狼」フィギュア。
こちらも全50巻には含まれないフィギュア。

 

 

 


金狼フィギュア ←第4号ジュゴンで、オリジナルBOOK型
フィギュアケースを注文した人、先着1000
名様に貰え た「金狼」フィギュア。
もちろん全50巻の中には含まれません。
他にも、創刊号に付いてくるハガキで7月
5日までに応募した人には、1000名様に
当たりました。(当選者へは順次発送済み)
また、2002年8月に行われたワンダーフェ
スティバルでは3冊まとめて買った人に 抽選
で白狼、銀狼、金狼のいずれかが当たりまし
た。
さらには、第16号シマアカネで、またまた
オリジナルBOOK型フィギュアケースを
注文した人、先着1000名様に貰えました。
注文者がどれくらい居たかは知るところ
ではありませんが、計算上、結局は3000名
+αに金狼が行き渡ったことに ・・・。
最初は希少と思われたが、最早希少とも
言いにくいか?



←こちらが、28号特別付録の青いニホンザ
リガニの胴体パーツ。

ハサミと足が無いので、エビみたいですが
(笑)



←こちらが、29号特別付録の青いニホンザ
リガニのハサミパーツ。

←こちらが、30号特別付録の青いニホンザ
リガニの足と台座パーツ。

台座にはジョイント穴はありません。
ザリガニは台座に置くだけです。
完成画像は専用ページへ。

◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇

↓表紙画像をクリックして各ページへ↓


資料館はこちら


00 創刊準備号

01 イリオモテヤマネコ

創刊準備号 リュウキュウヤマガメ(幼体) へ

01 イリオモテヤマネコ へ


 

週刊
日本の





動物編

 

Natural
Monuments

of
Japan

2〜10

02 トキ へ 03 アマミノクロウサギ へ 04 ジュゴン へ
05 エゾシマフクロウ へ 06 カモシカ へ 07 モリアオガエル へ
08 ライチョウ へ 09 ヤンバルテナガコガネ へ 10 ニホンザリガニ へ




週刊
日本の





動物編

 

Natural
Monuments

of
Japan

11〜20

 

11 ヤマネ へ 12 セマルハコガメ へ 13 日本犬 へ
14 ルリカケス へ 15 奈良のシカ へ 16 シマアカネ へ
17 ツシマテン へ 18 クマゲラ へ 19 ダイトウオオコウモリ へ
  20 ヤンバルクイナ へ  




週刊
日本の





動物編

 

Natural
Monuments

of
Japan

21〜30

α

 

21 ニホンザル へ 22 コウノトリ へ 23 岬馬 へ
24 タヌキ へ 25 オオハクチョウ へ 26 タイ へ
27 タンチョウ へ 28 土佐のオナガドリ へ 29 イヌワシ へ
30 岩国のシロヘビ へ

青ザリガニ
ページ

番外 ニホンザリガニ青個体 へ




週刊
日本の





動物編

 

Natural
Monuments

of
Japan

31〜40

 

31 ミヤコタナゴ へ 32 キシノウエトカゲ へ 33 トゲネズミ へ
34 カブトガニ へ 35 オオサンショウウオ へ 36 ナベヅル へ
37 ウスバキチョウ へ 38 アカウミガメ へ 39 アホウドリ へ
  40 ホタルイカ へ  




週刊
日本の





動物編

 

Natural
Monuments

of
Japan

41〜50

 

41 ヒメハルゼミ へ 42 オカヤドカリ 43 ゴイシツバメシジミ へ
44 メグロ へ 45 ゲンジボタル へ 46 オオワシ へ
47 甲斐犬 へ 48 カジカガエル へ 49 ニホンカワウソ へ
  50 リュウキュウヤマガメ へ  

Ads by TOK2