仙石線の歴史 

ここでは、宮電時代から現在までの仙石線の簡単な歴史を紹介しています。

 現在、JR線の東北地区で唯一の直流路線として知られている「仙石線」の歴史は、私鉄会社の「宮城電気鉄道」から始まります。

 同社は1922年(大正11年)に設立され、大正14年(1925年)に仙台〜西塩釜間が開業されました。宮電の仙台駅のホームは、国鉄仙台駅の地下に280mと短い距離ながらも日本初の地下鉄駅として誕生しました。

 1926年(大正15年)に本塩釜まで開通。1928年(昭和3年)には石巻までの全線が開通しました。初めは全線単線での営業でありましたが、仙台〜西塩釜間の大部分、それに赤井〜石巻間に複線分の土地を購入して、将来の複線化に備えていました。しかし恐慌のあおりを受けて経営難が続いたため、松島の観光開発の強化、行楽電車やガイドガールの導入によって、不況を乗り切っていきました。そして、1939年(昭和14年)に「松島電車」から松島駅前〜松島海岸の軌道を譲渡されました。ですが、この路線は譲渡後すぐに休線となりました。

 これまで意欲的に取り組んで経営してきた「宮城電気鉄道」も、戦争という荒波にもまれ、敗色濃くなった戦争末期の1944年(昭和19年)に戦時特別措置によって国有化されました。「仙石線」という名称は、このときに付けられました。

 終戦後、「宮城電気鉄道」も既に解散していたので、「仙石線」はそのまま国鉄が使用することとなりました。この時期の「仙石線」は、行商や買出し等で利用する客が多く、また苦竹の軍需工場がアメリカ軍のキャンプ地として使用されていたため、連合軍専用列車も運転されていたこともありました。ですが、その需要に対して車両が不足していたため、1947年(昭和22年)に首都圏で使用されていた国電が初めて「仙石線」に転入してきました。

 1952年(昭和27年)、今まで地下にあった「仙石線」の仙台駅が、東口の地上に移されました。当時、仙台〜陸前原ノ町間は複線区間だったのですが、仙台駅の地下ホームは単線のままであったため、将来の列車増発に備えて、地上に複線のホームを作りました。残された地下ホームは、他のホームとの連絡通路として、2000年(平成12年)にあおば通〜陸前原ノ町間が地下化になるまでの約48年間利用され続けました。

 1956年(昭和31年)、今までの「仙石線」の経営見直しを目的とした「仙石線管理所」が発足しました。これは、国鉄の枠にとらわれない独立した一つの会社として運営され、快速列車や臨時列車の設定を含めた運転ダイヤの見直しや、サービス面の充実などが行われました。なお、この「仙石線管理所」は、1971年(昭和46年)に解散となりました。

 高度成長期に入ると、仙台市やその周辺都市の人口が急激に増えてきました。それにつれて「仙石線」の利用者も増えてきて、現在の設備では、通勤時間の混雑によるダイヤの遅れや、ホームでの事故の多発など不十分な点が見えてきました。その対策として、1969年(昭和44年)に陸前原ノ町〜西塩釜間を新たに複線化し、1981年(昭和56年)に、塩竃市の中心部の踏切を撤去し、西塩釜〜東塩釜間の高架複線化がなされました。そして、その2年前の1979年(昭和54年)に初めて「仙石線」に103系通勤型電車が首都圏から転入してきました。

 1981年(昭和56年)に仙台市内の連続立体交差事業が始まった頃に、現在のあおば通駅から西に向かって約2kmにある西公園(桜ヶ岡公園)までを「仙台市地下鉄東西線」として建設し、「仙石線」苦竹駅までを相互乗り入れする計画がありましたが、採算が取れないなどの理由で白紙に戻されました。しかし、「仙石線」の単体での地下工事計画はそのまま遂行させることになり、1985年(昭和60年)にその工事が開始されました。

 1987年(昭和62年)に国鉄が分割民営化され、「仙石線」はJR東日本の管轄となりました。さらに1989年(平成元年)に仙台市が政令指定都市となり、連続立体交差の事業主体が宮城県から仙台市へと変わりました。

 1992年(平成3年)、手狭になった陸前原ノ町電車区の移転先として、福田町駅西側の水田地帯を買収して、そこに新しい電車区として宮城野電車区(現・仙台車両センター宮城野派出所)を発足させました。将来の車両増備に対応するために留置線の本数を増やし、設備も新しくなりました。

 用地買収の遅延から、仙石線地下化工事は、当初の予定よりもはるかに延びてしまいましたが、ようやく1999年(平成11年)に工事が終わり、新駅あおば通から陸前原ノ町までの地下区間が開通しました。そして、2000年(平成12年)3月11日に営業運転が開始されました。

 2002年(平成14年)の秋から、現在使用されている103系車両に替わって、山手線や埼京線で使用されている205系をトイレ付きの改造車(3100番台)にして、順次転入されてきました。

 2003年(平成15年)3月22日から、205系3100番台のうちの1台(M8編成)に、故・石ノ森章太郎先生の作品のイラストが描かれた「マンガッタンライナー」が運転されることになりました。

1つ前に戻る     トップページに戻る

Ads by TOK2