仕様 * キャラクター * イベント絵 * ダウンロード * スタッフ
Come, ye disconsolate









ぼ く は 絶 対 に こ の 場 所 か ら 飛 び 立 つ





目覚めると、そこは病院だった。視界がやけに狭いし、体中が痛い。

ちがやはどうやら事故で怪我をしたらしかった。

見舞いにきた人や、看護婦らとしゃべっているうちに、

ちがやはどうやら光希と間違えられていると言うことに気付く。

しかもすでにちがやの葬儀は終わっていた。



こんなに怪我をして、身寄りのないちがやは、誤解を解いて退院しても治療費なんて払えない。

悩んだ末、ちがや光希として生きていくことを決心する。



断片的に消えた記憶への不安に、押しつぶされそうになりながら。

なぜ、どうして事故が起こってちがやはこんな怪我をしたのか。

……どうして光希は死んでしまったのか。

途切れてあいまいになっている記憶の中に、すべての謎がある。


―― その、記憶の先にあるものとは。




ダウンロード

現在のバージョン>>ver1.0
※15歳未満の方のプレイはご遠慮ください。

ダウンロード(17MB)
修正パッチをDL(ver1.1)

攻略については、こちらをご参照ください。

仕様
年齢制限 多少の暴力・性的表現が伴いますので、15才未満の方は、できればプレイをご遠慮願います。
使用ツール 吉里吉里/KAG
画面サイズ 640*480
BGM & SE あり。
文字の表示速度 五段階
自動的に読み進む 可能
セーブ・ロード 任意の場所で可能
既読スキップ 可能
ギャラリー あり・一度見たイベント絵を閲覧可能
BGM試聴 あり。
エンディング回想 あり・一度見た結末を回想可能
登場人物
杉村 ちがや -すぎむら ちがや-
(篠崎 光希 -しのざき みつき-)


友人と一緒に出かけていた最中、事故により負傷する。かろうじて助かったが、目がさめると自分が一緒にいた友人と取り違えられていることに気付く。
しかしそのまま光希として生きてゆくことを決意する。 本当は、自分は"杉村ちがや"なのに……。
篠崎 崇史 -しのざき たかし-
光希の兄。あまり人前に姿を現さない。
藤堂 俊介 -とうどう しゅんすけ-
篠崎家の主治医。まだ入院していたほうがいいにもかかわらず、光希の父が、光希を退院させることを強く希望したため、光希の退院後のケアをするため篠崎家に来ている。
茨木 柊羽 -いばらき しゅう-
篠崎家に仕える女中の息子。主人公をあまりよく思っていない様子。
光希のことが単に嫌いなのか、それとも光希のことを疑っているのか……。
栗田 純平 -くりた じゅんぺい-
学校での友人。光希のことを、実は死んでしまったとされる"ちがや"なのではないかと疑っている。
イベント絵

スタッフ (UNITE Projects)
イラスト・スクリプト・音楽・シナリオ 橘瑞樹
シナリオ さかいともこ
感想は 本館掲示板 へ









Ads by TOK2