■ 伊良部秀輝 ■

1969年5月兵庫県生まれ。右投右打。投手。
背番号18(ロッテ)→35(ヤンキース)→14(エクスポズ)→45(レンジャース)→41(阪神)。
香川県の尽誠学園高校時代は、1986年夏と1987年夏の甲子園に出場し、
速球派投手として知名度を上げ、
 1988年にドラフト1位でロッテに入団する。
 1年目から先発・中継として2勝5敗1Sを挙げ、
2年目には守護神の座にも就いて9Sを残した。
 3年目の1990年から主に先発で使われるようになり、
8勝5敗というまずまずの成績を残したものの、
翌年から不調に陥り、2年間で3勝に終わる。
 しかし、1993年5月の清原和博との対決で、
日本最速の158キロを記録すると、
ローテーションに定着し、8勝7敗1Sと復活を遂げた。
 そして、1994年は、ロッテのエースとして15勝10敗、防御率3.04、239奪三振という
好成績を残して最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。
 翌1995年にも最優秀防御率と2年連続の最多奪三振に輝き、
 1996年には2年連続最優秀防御率と抜群の安定感を誇った。
しかし、その年のオフに自らの夢とフロントとの確執からメジャー移籍を決意。
ロッテとの激しい対立の末、1997年5月にヤンキースへ入団。
 1年目は不調で5勝に終わったものの、2年目の1998年には
シーズンを通してヤンキースのローテの一角を担い、13勝9敗、防御率4.06という
素晴らしい成績を残してヤンキースの世界一に貢献した。
 翌1999年にも11勝7敗と2年連続2桁勝利を挙げるが、
その年のオフにエクスポズへトレードが決まった。
 エクスボズでの伊良部は、相次ぐ故障に泣かされ、
2年間で2勝に終わり、自由契約となった。
 しかし、伊良部は、レンジャースとマイナー契約を結び、
自力でメジャーに昇格して守護神の座まで奪う活躍を見せる。
しかし、3勝6敗16セーブと数字を積み重ねていた矢先の2002年7月、
肺血栓が見つかり、またもや戦列を離れることとなる。
 病気が癒えた伊良部は、2003年に日本の阪神へ移籍。
1年目から13勝を挙げる活躍を見せ、
阪神の快進撃の立役者となって阪神を18年ぶりのリーグ優勝に導いた。

 通算成績:<日本10年>72勝67敗11セーブ、防御率3.56、1275奪三振。
最多勝1回(1994)最優秀防御率2回(1995・1996)
最多奪三振2回(1994・1995)ベストナイン2回(1994・1995)
      <大リーグ6年>34勝35敗16セーブ、防御率5.15、405奪三振。
      <日米通算16年>106勝102敗27セーブ、防御率3.95、1680奪三振。

このサインカードは、’96年にカードショーの抽選会で当たりました。